物件購入時に掛かる手数料を賢く抑える

物件購入の仲介手数料を知り、手数料を抑えるコツを身につけてみませんか?

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

手数料ってなんだろう

実は物件取引の仲介手数料は値切りに向いていません。 これには不動産業者の都合というか、 生命線ともいえる「理由」があります。 仲介手数料のことを知らずにただ値切ろうとする行為は、 仲介してくれる不動産業者をないがしろにする行為と同等です。 まずは仲介業務のことを知りましょう。

値切ればいいというものでもない

買い手から見れば「高く感じる追加の手数料」ですが、 不動産業者からすれば「利益に直結する重要な手数料」である仲介手数料。 これを値切るということは「二つの思惑を正面からぶつける行為」に相当します。 両者の関係はお互いが得をするのが理想のはずです。 なので、少しアプローチを変えてみましょう。

不動産業者のことを知って上手く立ち回ろう

最後に、意外と知られていない手数料がなくて済むケースや、 「不動産業者を敵に回さずに上手く立ち回る」駆け引きのポイントについてお話します。 不動産の業務をある程度把握した今のあなたなら、 発想を転換することで上手に合計価格を抑えることができるはずです。

仲介手数料のことを知ろう

皆さん、家って非常に高額な買い物ですよね?
できることなら可能な限り無駄な出費を抑えて家を手に入れたいと思うことでしょう。
初めて家を買う人はついつい忘れがちになってしまうのですが、
不動産業者で家を買うときは「家本体の価格」に加えて「仲介手数料」というものがついてきます。
それを考慮せずに家本体の価格だけで購入を決めた場合、
仲介手数料という「なかなか高額な」追加費用にビックリするかもしれません。
大抵の不動産業者では3000万円の物件を購入する場合、
約100万円の手数料がかかります。

かなりの高額ですよね?

仲介手数料には法的な取り決めがあります。
どの不動産業者もその取り決めはしっかりと守っています。

しかし、実は仲介手数料は法的に「上限」しか指定されていません。
200万円以下の物件なら上限は物件価格の5%、
400万円以下の物件なら上限は物件価格の4%+2万円、
400万円を超過する物件なら上限は物件価格の3%+6万円となります。
これは言い換えれば、別に手数料は上限である必要はないわけですし、
極端な話、仲介手数料が無料だとしても法的には問題ありません。
ただ、不動産業者が利益を上げるために、
基本的に上限いっぱいの手数料を指定することがほとんどであるだけです。

「状況によって100万円以上の差が発生するかもしれない!」

買い手の立場としては、できる限り手数料を抑えたいと考えることでしょう。
しかし、実はこれ、単純に値切ろうと考えても上手くいきません。
仲介の仕組みを知り、安く抑えるツボをしっかり押さえる必要があります。
今回は仲介手数料の原理と安上がりにするコツを紹介しましょう。