物件購入時に掛かる手数料を賢く抑える

物件購入の仲介手数料を知り、手数料を抑えるコツを身につけてみませんか?

値切ればいいというものでもない

手数料を値切ることのデメリット

ここまでで、不動産仲介の仕事と仲介手数料の意味が分かったかと思います。
そして、仲介手数料は法的には上限しか制限されていません。
この場合、買い手から見れば「手数料は可能な限り安く抑えたい」という心理が働きます。
しかし、不動産業者から見れば仲介手数料は利益に直結するものであり、
「手数料は可能な限り上限で頂きたい」という心理が働きます。
少なくとも「仲介業務の対価に等しいだけの手数料は頂きたい」と考えるのは当然です。

法的に見れば仲介手数料は値切ることができます。
しかし、度の過ぎた値切りは仲介役の印象をかなり悪くします。
不動産業者によっては「値切り不可」の社内方針を持っていて、
値切り交渉自体を受け付けてくれないところもあります。

直接的に仲介手数料を引き下げようとする行為は、
諸刃の剣どころか、デメリットの方が多いと考えた方がいいかもしれません。

仲介手数料が安い業者を選ぶ

では、仲介手数料を安くする方法はないのでしょうか?
確かに、仲介手数料を無理に引き下げようとする行為自体はあまり効果的ではありません。
ただ「不動産業者が仲介手数料を安く提供する」場合は話が違ってきます。

手数料は不動産業者の仲介業務での利益そのものです。
一見仲介手数料を安く提供することにメリットが無いように思えますが、
裏を返せば「手数料以外の収益手段を持っている」とも考えられます。
例えば、会員制を導入して、年会費を払う代わりに手数料は安く提供してくれるというパターンがあります。
また、広告費などの費用を上手に削減して安い手数料でも利益になる工夫がされている場合もありますね。
当然ながら、経費削減系は度が過ぎると仲介サービスの劣化に繋がるので、
ネットでの事前調査は重要になってきます。
口コミなどで十分な情報収集を行えば、安い手数料の不動産業者を利用するメリットは十分にあります。