物件購入時に掛かる手数料を賢く抑える

物件購入の仲介手数料を知り、手数料を抑えるコツを身につけてみませんか?

不動産業者のことを知って上手く立ち回ろう

そもそも手数料が発生しないケース

不動産業者の仲介には手数料が必須です。
これは仲介業務において利益を上げる最低限の要素だからです。
いくら法的に無料にできるといっても、
不動産業者が食べていくためには利益を上げる必要がありますからね。

先程は「別の収益方法によって手数料を安くしてくれる」場合について紹介しました。
しかしながらこれはあくまで「仲介」での話。
実は不動産業者の業務は仲介だけではないのです。
しかも場合によっては手数料の発生しない不動産物件というのも存在します。

それは不動産業者自体が所有している家を売る場合。
いわゆる「売主」という形式での取引の場合です。
この場合、仲介ではないので仲介手数料は発生しません。
不動産本体の価格内に不動産業者の利益が含まれているからです。

このように手数料を回避する手段も存在します。

思い切った裏技

ここでの主題は仲介手数料を安く抑える方法なのですが、
一つだけ仲介手数料ではないけど安く抑える裏技的な手段も存在します。

それはずばり「物件本体価格を値切りする」です。

「えっ?そんなの売り手が嫌がるに決まってるじゃない。」
そう思うかもしれません。
しかし仲介業者は売り手と買い手の取引価格を上手く調整するのも仕事です。
当然ながら無茶な値切りや手数料の対価に見合わない交渉は範囲外になりますが、
「手数料に見合った仲介業務をお願いする上での価格の希望」を提示するのはありです。

これは発想の転換ですね。
この考え方なら「仲介業者を敵に回す事態に陥りにくい」と思います。
思い切って「あとこれだけ安くなってくれれば喜んで買いたいんですが。」
と相談してみるのはどうでしょう?
まあ、売り手がNOと言えばNOになってしまいますが、やる価値はあると思いませんか?